薬剤師アルバイトの現状

求人サイトなどを覗いてみると、薬剤師アルバイトの時給の高さに驚くことがあります。また、薬剤師の求人案件数も数が多く、世の中にはまだ薬剤師が足りないのだなと言う印象を受けます。薬剤師の資格をとるために必要な大学の修了年数も 他学部が4年であるのに対し薬学部は医学部と同様、6年です。さらに薬学部を卒業したからと言ってそれだけで薬剤師になれるわけではなく、薬剤師国家試験を受験し、これに合格しなければ免状がもらえません。

古来、特に東洋においては薬師は医師と同義でした。病気を治癒す仏とされる薬師如来の名前にも、それが表れています。こうした薬を司る物に対する敬意は世代から世代へと脈々と受け継がれ、現代社会においても薬剤師は高度な知識と技量を持った職業人として世間に認知されているのです。薬剤師と言う職業は医師と同様に男女の給料差が少なく、いろいろな国家資格の中でも女性の有資格者が多いという特徴を持っています。結婚、出産、子育てと言う女性特有のライフスタイルの中でも薬剤師の職業を続けていく人が多いのですが、その就職形態としては お休みの取りやすい薬剤師アルバイトに主婦の人気が集まっています。アルバイトとは言いながら大変時給も高く、引く手数多の求人があり、薬剤師は 一度家庭に入って仕事から離れても再就職の道が開けている職種であると言えましょう。

子育て中の女性でもこの仕事なら継続可能なことが多く 昨今のような不景気な世の中では特に 薬剤師資格を持っていることの有利さをかみ締めた人も少なくないでしょう。職場としては 製薬会社や病院や調剤薬局やドラッグストアなどが主なものですが、各地域の保健施設や大学の研究所などでもその手腕が生かせます。しかし、薬剤師アルバイトということになると、その求人数の多さで他を圧倒しているのは調剤薬局とドラッグストアということになるでしょう。ただし、ドラッグストアでの仕事内容は単純に調剤のみというわけではなく、接客やバックヤード業務なども含まれてくる場合もあるので、事前確認はしておいたほうが良さそうです。

コメントは受け付けていません。