転職のきっかけ

薬剤師転職のきっかけも人それぞれのようです。ただ、薬剤師でも他の職種の人たちと転職する理由は大して変わらないようです。特に、給料が安いとか、昇級がなくて、将来的に給料が増えそうにないとか、残業が多いとか、休みが取りにくいといったように、労働条件面の不満に薬剤師転職のきっかけはあるようです。

せっかく難しい大学に入学して、難しい勉強もして、難しい国家試験に合格しているのに、労働条件が悪いのであれば、誰しも転職したいと思うに違いありません。その他の薬剤師転職のきっかけは、職場が求めているものとのギャップにあったり、キャリアを向上させるためであったりもするようです。調剤薬局に勤めていると、毎日が単調になりかねません。特に整形外科や眼科のような専門的な病院で出された処方箋通りの薬を、患者さんに渡す調剤薬局では、毎回同じような湿布薬や、目薬を渡すだけの仕事になってしまうこともあります。
af9920062495m
この方が気が楽で良いと言う薬剤師の方もいると思いますが、ほとんどの若くてやる気のある薬剤師の方には、仕事の内容が物足りないと思うのです。そして、一番多いかも知れない薬剤師転職のきっかけは、人間関係です。薬剤師の職場は数少ない人間しかいないことがよくあります。小さな調剤薬局では、2人しか薬剤師がいないなんてこともあるかも知れません。もしもその同僚と人間関係が上手く行かなくなったとしたら、誰もが転職を考えるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。